Set up Wifi on Alpine Linux, Raspberry Pi Zero W

Posted on Sun 31 March 2019 in misc • Tagged with alpine linux, linux, raspberry pi

この前 Raspberry Pi Zero WH に Alpine Linux をインストールしました。 つづきで、ネットワーク接続を設定します。

手持ちの Wifi ドングルを使って接続を試みましたができませんでした。どうしようか?USB LAN アダプタを買うか?と思いましたが、いつも使っているモバイルルータは USB で接続できることを思い出しました。この方法でインターネットに接続することはできました。

ここまで、 Wifi のファームウェアが入っていないから、それをインストールするために他の方法でインターネットに接続する必要がある ということだったので、どうにかインターネットに接続してきました。

次に linux-firmware-brcm をインストールします。しかしうまくできません。読み取り専用のパーティションにファームウェアのファイルをコピーしようとして失敗しています。

どうにも方法がみつかりません。お手上げです。ところが、コピー先のディレクトリを覗いてみるとファイルがあります。コピーに失敗したファイルと同名のファイルが既にあります。よーくよく考えると Alpine Linux のファームウェアにはじめから Wifi のファームウェアが入っていたのでは?

試しにもう一度 SD カードを作るところからやりなおしてみました。すると、特に …


Continue reading

Set up Alpine Linux on Raspberry Pi Zero W

Posted on Thu 28 March 2019 in misc • Tagged with alpine linux, linux, raspberry pi

Raspberry Pi Zero WH に Alpine Linux をインストールしました。シリアルコンソールが使えることを確認しました。

Alpine Linux Wiki の通りに SD カードに OS のファイルを書き込みます。

その後、シリアル通信の設定をします。PC に SD カードを挿しておいて中のファイルをいじります。まず、SD カードのルートに usercfg.txt というファイルをつくって、次の一行を書きました。

enable_uart=1

config.txt ではないのか?という疑問がありましたが、 config.txt を開いてみるとすぐわかりました。 usercfg.txt をインクルードしてくれます。

[all]
include usercfg.txt

せっかくなので自分で加える設定は usercfg.txt に書きました …


Continue reading

Responder に出会う

Posted on Wed 27 March 2019 in misc • Tagged with responder, python, alpine linux, linux, raspberry pi

前に HTTP で Raspberry Pi に付けた LED を点消灯する ということをやってみました。

このときは Bottle を使ったのですが、もうちょっと実用的な印象の Flask を使ってみようかと物色していたら出会ったのが、 Responder です。

2018年リリースの新しい Web Framework みたいです。WebSocket をサポートしているのが魅力的な感じです。こいつが使えるとサーバからクライアントにデータをプッシュできます。

ところでこの Responder が Python 3.6 以降でしか使えないようなので、Raspberry Pi で使おうとすると自分で Python 3.6 をインストールしないといけません。Debian Strech のパッケージは 3.5 みたいなので。

思い切って Alpine Linux を使うという手もあります。こっちのパッケージは Python …


Continue reading