なぜメイカーでありたいのか

Posted on Sun 03 January 2021 in misc

Maker でありたいという思いから、このようなブログ名にしています。 では、なぜ Maker でありたいのか。

Maker については Wikipedia にまとめられています。日本語ではメイカーと書くのが良いようです。私がメイカーでありたい理由は、その定義とはあまり関係がありません。ですので、Wikipedia にまかせてしまいます。

私がメイカーでありたい理由は、手を動かしてものを作ることによって自分自身を取り戻したい、保ちたいからです。

日々のさまざまな出来事によって自分自身というものは簡単に失われてしまうものだと感じています。私にとっては、手を動かしてものを作るという行動が、自分自身を取り戻すために有効だと感じています。私は、外食はせずにできるだけ自炊をするようにしていますが、その理由も同じです。調理器具にまかせている部分も多いですが、自分の手で作るという機会をできるだけ持つようにしています。

プログラミングも Make の概念の中に含まれるとは思います。手を動かす、という表現もよく使われます。しかし、ソフトウェアを作るのことは、私にとっては手を動かしてものを作るという感覚が乏しいと感じています。

自分の手で何かを作ることで、自分を取り戻したい。それが私がメイカーでありたい理由です。


blah: No such blah-blah-blah

Posted on Sat 02 January 2021 in misc

ブログ名を変えました。 しかし、programmer の部分を maker に変えただけで、かたちはそのままです。このかたちはエラーメッセージをもじったものです。例えば次のような。

cat: example.txt: No such file or directory

junyanakada: No such maker は中田順也という Maker はいない、という意味でつけました。以前は junyanakada: No such programmer だったので、中田順也というプログラマはいない、という意味でした。それは、プログラマに成りたいけど成ることができていない自分を、自嘲気味に、皮肉って付けたブログ名でした。ひねくれたブログ名だなと思います。

もう少し前向きなブログ名を付けることもできなくはなかったでしょう。しかし、前向きなブログ名を付けることを考えるまでもなく、そのひねくれたブログ名に決定しました。理由は、そのひねくれたブログ名によって自分が鼓舞されるからです。実際に、まだまだ駆け出しとは言え、プログラマにはなりました。

今度は Maker を目指そうと決めて …


Continue reading

junyanakada: No such maker

Posted on Fri 01 January 2021 in misc

2021 年が明けました。

2020 年は初めてプログラマとして働き始めた年になりました。コードは多少なりとも書いてきましたが、プログラマとして働くというのは初めての経験でした。いろいろとわからないこともありました。悩んだこともありました。さらにそこに COVID-19 の流行によって様々なストレスを感じました。良いこともありましたが、苦しみもある一年でした。

自分の向かって行くべき方向も見えなくなってしまった一年でした。プログラマを志してからプログラマとして働き始めるまで、約七年の時間が過ぎていました。プログラマになってしまい、その先を定められなくなっていました。

新年を迎えたことを期に、心を定めてブログのタイトルを変えてしまいましょう。

junyanakada: No such maker 中田順也というメイカーは、まだこの世の中に存在しません。


中年駆け出しプログラマ

Posted on Wed 24 June 2020 in misc • Tagged with career

3月で前の会社を辞め、4月に就職しました。プログラマになりました。前の会社でもプログラミングをすることはありましたが、職業としてプログラマを名乗ることができるような仕事ではありませんでした。40代にして駆け出しです。

会社は小さいです。GCP のサービスパートナーになっている会社です。Web システムの会社が事業の中心です。そういう会社に就職して、Go で Web プログラミングをするようになりました。

自分はプログラマとしてまともな仕事ができなかったら他に何をやっても駄目だろうと思って来ました。新しい分野で働くことは簡単なことではないですが、充実しています。

junyanakada というプログラマは存在する

このブログのタイトルのことです。「junyanakada: No such programmer」というタイトルです。junyanakada というプログラマは、駆け出しとは言え、今は存在します。これを機に、このブログについてもいろいろと見直しをしたいところです。

特に技術ブログにしようと思っていたわけではありませんが、関心にしたがって技術的な内容に傾いてはいました。質の良し悪しは問わず、あくまで傾向として。

このブログは、個人ブログとか雑記ブログとか言われるブログです。これからも技術ブログのような傾向はあるかもしれませんが、個人としての生活や考えも、もっと書いて行きたいと思います。

変わる生活

生活は大きく変わりました。ここ数年は、プログラマとして仕事するようになるためにどうしたら良いかということが生活の軸でした。なかなか思うような生活にはならなかったものの、理想のようなものはありました。

今までの生活にどれくらいの効果があったのか、わかりません …


Continue reading

Windows で cmd.exe 起動時に PATH を通す

Posted on Sun 19 January 2020 in misc • Tagged with python, windows, powershell, cmd

3月で Windows とはサヨナラするので、思い出につづっておこうと思います。

Python には、ディストリビューションが複数あります。公式の配布、 Anaconda 、 WinPython 。私が知っているだけでも、みっつあります。他は知りませんが公式の場合は、バージョンごとにインストール先のディレクトリが違います。

環境変数 PATH を設定した場合、複数ある python.exe を使い分けることができません。そこで、任意の Python に PATH を通しながら CLI を起動するショートカットを作りましょう。

ショートカットをつくる

コンテキストメニューなどでショートカットを作成します。設定するのはリンク先と作業フォルダです。

リンク先の設定 - PowerShell の場合

%windir%\System32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe -ExecutionPolicy ByPass -NoExit -Command …

Continue reading

来年こそは LT しようぜ!

Posted on Sat 14 December 2019 in misc • Tagged with python, jupyter, revealjs, presentation

このポストは Python駿河 勉強会 #8 〜Pythonの進化を振り返ってみよう!〜 の LT を元に作り直したものです。

「来年こそは LT しようぜ!」という題目で話をしました。良いツールを見つけたから、これから LT 頑張ろうという話です。全体的に雑な内容になっていますが、これから使おうという人の書いたものなので、その点、ご理解いただけたらと思います。

RISE - Jupyter Notebook で HTML スライドを作るツール

RISE https://rise.readthedocs.io

使い方

インストールの方法です。 RISE が Jupyter に依存しているので、 Jupyter を明示的にインストールする必要はありません。 Anaconda を使っている場合は、 conda でインストールしてください。

pip install RISE
jupyter-nbextension install rise --py …

Continue reading

Sphinx でドキュメントに README を含める

Posted on Sat 16 November 2019 in misc • Tagged with sphinx

Django でアプリケーションをつくろうと思っています。自分ひとりで開発するとは言え、ドキュメントがまったく無いのでは開発できないと思い、Sphinx でドキュメントを書き始めました。

ドキュメントは書くし、README も必要だし、同じような内容を両方に書かなければならないのか? Sphinx でドキュメントに README.rst を挿入できないか?

簡単でした。 README.rst を挿入したいところで include ディレクティブを使うだけ。

.. include:: ../../README.rst

Flask-Login でログイン機能を作ってみる

Posted on Mon 06 May 2019 in misc • Tagged with python, flask

Flask-Login を使ってログイン機能を作ってみました。 ログインするところだけです。ユーザー登録等は作っていません。

参考にしたページ が分かりやすかったです。 スクリプトファイルに直書きですが、ユーザーも作って認証させる処理は加えました。

#!/usr/bin/env python3
"""flask-login sampler."""

import flask
import flask_login


app = flask.Flask(__name__)
app.secret_key = b'boizagie'

login_manager = flask_login.LoginManager()
login_manager.init_app(app)


class User(flask_login.UserMixin):
    def __init__(self, user_id, username, password):
        self.user_id = user_id
        self.username = username
        self.password …

Continue reading

ブログを三ヶ月毎日更新

Posted on Sun 31 March 2019 in misc • Tagged with blog

今年の元日からブログを始めました。 そして、今日までの三ヶ月間は毎日更新してきました。内容がどうの、質がどうのなどということは問わず、とにかく毎日更新しました。振り返ってみます。

アクセス解析を見てみると、誰も見ていないようです。誰にもブログ書いてますと言っていないので当然ではあります。さりげなく URL を年賀状とか、SNS 等の自己紹介には書いているのですが、書いてますとアピールすることはしていません。これがなんだか難しい。

アクセス解析をもう少し見てみると、ほんの少し他のページに比べてアクセスがあるように見えるページがありました。「 バグレポートからはじめるコントリビュート 」です。イベントに出たときに書いたページで、このイベントのハッシュタグを付けて Twitter に流しました。SNS の力はやはり馬鹿にできないと思います。

ただ、そこからリピートのアクセスがあったようではありません。どんなに SNS からアクセスがあったとしても、ブログのコンテンツに魅力がなくては、どうにもなりません。

とにかく三ヶ月は毎日書いてきました。ここまでの反省を踏まえて、これからの方向性を決めたいと思います。


Set up Wifi on Alpine Linux, Raspberry Pi Zero W

Posted on Sun 31 March 2019 in misc • Tagged with alpine linux, linux, raspberry pi

この前 Raspberry Pi Zero WH に Alpine Linux をインストールしました。 つづきで、ネットワーク接続を設定します。

手持ちの Wifi ドングルを使って接続を試みましたができませんでした。どうしようか?USB LAN アダプタを買うか?と思いましたが、いつも使っているモバイルルータは USB で接続できることを思い出しました。この方法でインターネットに接続することはできました。

ここまで、 Wifi のファームウェアが入っていないから、それをインストールするために他の方法でインターネットに接続する必要がある ということだったので、どうにかインターネットに接続してきました。

次に linux-firmware-brcm をインストールします。しかしうまくできません。読み取り専用のパーティションにファームウェアのファイルをコピーしようとして失敗しています。

どうにも方法がみつかりません。お手上げです。ところが、コピー先のディレクトリを覗いてみるとファイルがあります。コピーに失敗したファイルと同名のファイルが既にあります。よーくよく考えると Alpine Linux のファームウェアにはじめから Wifi のファームウェアが入っていたのでは?

試しにもう一度 SD カードを作るところからやりなおしてみました。すると、特に …


Continue reading