バグレポートからはじめるコントリビュート

Posted on Sun 10 March 2019 in misc • Tagged with open source

OSS Gate東京ワークショップ に参加しました。OSS 開発未経験者が実際に開発に参加することを体験するワークショップです。

学んだことを挙げてみます。

  • ドキュメントどおりに動かしてみてうまく動かないところをレポートする。
  • Google や Qiita で探して済ませるのではなくレポートにする。
  • 作業メモは細かく取る。ドキュメントに書いてあってもメモに書いておく。
  • 遠慮せずにレポートする。
  • 英語で書かなくてはならない。でも難しく書く必要はない。

バグレポートから始めれば良いのです。見方を変えると、OSS にコントリビュートしているからと言って、それがプログラミングをしているというわけではないということです。

よく考えるとプログラムを書くよりも使う機会のほうが圧倒的に多いです。そもそもプログラムを書くということは、プログラムを書くためのプログラムを使っているということでもあります。